for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

6月のユーロ圏製造業PMI改定値は54.9、18カ月ぶり低水準

[2日 ロイター] - IHSマークイットが2日発表した6月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は、18カ月ぶり低水準の54.9だった。低下は6カ月連続で、5月の55.5、速報値の55.0から低下した。

景況拡大と悪化の分かれ目となる50は上回った。

生産指数は5月の54.8から54.2に低下し、2016年11月以来の低水準。

IHSマークイットの首席ビジネスエコノミスト、クリス・ウィリ アムソン氏は「製造業は1年半ぶりの低水準で、今後数カ月のさらなる減速にリスクが傾いている。関税や貿易戦争が影響する企業の間で懸念が広がっており、さらなる輸出減を見越していることがわかる。今後の生産への期待は2015年11月以来の低水準に悪化した」と指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up