for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏総合PMI改定値、7月は低下し54.3に 楽観見通しも後退

    * 7月のユーロ圏総合PMI改定値は54.3(速報値:54.3)
    * 7月のユーロ圏サービス部門PMI改定値は54.2(速報値:54.4
)

    [ロンドン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した
7月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は速報値と変
わらず54.3となり、6月の54.9から低下した。
    PMIは50を上回れば景況拡大を、下回れば悪化を示す。
    IHSマークイットのディレクター、ロブ・ドブソン氏は「PMI
改定値は第3・四半期のユーロ圏景気が軟化基調のスタートとなったこ
とを確認した。先行きについては、現在の抑制されたペースでの成長が
続くか、逆風が強まって向こう数カ月の成長が一段と抑制されるかのど
ちらかだろう。ダウンサイドリスクが一段と広がっている」と述べた。
    新規受注を示すサブ指数は昨年初め以降で2番目に低い水準まで低
下。企業の楽観度合いを示す将来産出指数は20カ月ぶりの低水準とな
る63.1まで低下した。雇用の伸びも鈍化した。
    ドブソン氏によると、今回のPMIは第3・四半期の成長率が0.
3%前後になることを示唆。ロイター調査による予想(0.5%)を下
回っている。
    1日に発表された7月のユーロ圏製造業PMI改定値は55.1で
、貿易摩擦を巡る懸念から引き続き抑制的な内容となった。
    一方、7月のサービス部門PMI改定値は54.2と、前月の55
.2から低下したほか、速報値の54.4から下方改定された。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up