Reuters logo
ユーロ圏PMI、3月速報値は6年ぶり高水準 独・仏も堅調
March 24, 2017 / 12:20 PM / 9 months ago

ユーロ圏PMI、3月速報値は6年ぶり高水準 独・仏も堅調

[ロンドン 24日 ロイター] - IHSマークイットが発表した3月の購買担当者景気指数(PMI)速報値では、ユーロ圏・ドイツ・フランスのそれぞれの総合・製造業・サービス業の全9指数すべてが、エコノミスト予想の上限を上回る好調ぶりを示した。

モルガン・スタンレーのは調査ノートで「これらのPMIは、景気下振れリスクが後退しつつあるとの欧州中央銀行(ECB)の見方を裏付けるものだ。ただECBの引き締めは段階的になるだろう」と述べた。

3月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値は、総合指数が56.7と2011年4月以来の水準に上昇した。2月は56.0だった。

ロイター調査によるエコノミスト予想は55.8。

価格指数は53.3となり、ほぼ6年ぶりの高水準。

IHSマークイットの首席ビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「域内経済は広範囲で強まっている。かなりしっかりした拡大ペースだ」と指摘。

また「需要が堅調で、サプライヤーの価格引き上げ能力が高まっている。この傾向が強まれば、欧州中央銀行(ECB)が懸念するようになるだろう」と述べた。

サービス部門の新規事業指数は56.2で、前月の55.6から上昇、ほぼ6年ぶりの高水準となった。サービス部門PMI速報値は56.5で前月の55.5から上昇、2011年4月以来の高水準。

製造業PMI速報値は56.2、2月の55.4を上回り、ほぼ6年ぶり高水準となった。

製造業生産指数は57.2、前月は57.3。

雇用指数は55.1、前月は54.3だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below