May 7, 2018 / 9:11 AM / 2 months ago

5月ユーロ圏投資家センチメント指数、2017年2月以来の低水準

[ベルリン 7日 ロイター] - 市場調査グループのセンティックスによると、5月のユーロ圏投資家センチメント指数は19.2で、4カ月連続で低下した。2017年2月以来の低水準。

経済見通しの悪化と、投資家が現状の評価をやや引き下げたことが主因。

4月は19.6、ロイターがまとめたコンセンサス予想は21.0だった。

センティックスのマネジングディレクター、マンフレッド・ヒューブナー氏は「米国の高関税導入を巡る不透明感と、保護主義的措置の拡大の危険性が圧迫要因」と指摘した。

ドイツの指数も4カ月連続で低下し、2016年9月以来の低水準。

調査は5月3─5日に投資家974人を対象に実施された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below