June 4, 2018 / 9:05 AM / 2 months ago

6月ユーロ圏投資家センチメント指数、16年10月以来の低水準

[ベルリン 4日 ロイター] - 市場調査グループのセンティックスによると、6月のユーロ圏投資家センチメント指数は9.3で、5月の19.2から大幅低下した。低下は5カ月連続で、2016年10月以来の低水準。

イタリア政局と米国との貿易摩擦を巡る懸念に圧迫された。

ロイターがまとめたコンセンサス予想は18.4だった。

センティックスのマネジングディレクター、マンフレッド・ヒューブナー氏は「イタリアの新政権が、ユーロ圏を巡る大きな懸念要因となっている」と指摘した。

ドイツの指数も5カ月連続の低下。米国の鉄鋼・アルミニウム課税が逆風となっている。

調査は5月31日─6月2日に投資家920人を対象に実施された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below