for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏投資家センチメント指数、1月は予想以上に改善

[ベルリン 11日 ロイター] - 調査会社センティックスが11日発表した1月のユーロ圏投資家センチメント指数は1.3で、前月のマイナス2.7から改善した。新型コロナウイルスのワクチン接種に期待が高まった。

ロイターがまとめた市場予想は0.7だった。

期待指数は過去最高の33.5に上昇。前月は29.3だった。現況指数は前月のマイナス30.3からマイナス26.5に上昇し、3月以来の高水準となった。

センティックスは、経済活動の幅広い制限を踏まえると、全体的な指数は驚くべきものだったとし、「ワクチン承認が増えてきた今、投資家はワクチン戦略の迅速な実施や、経済や個人の自由な活動の制限が最終的に終了することを想定しているようだ」と指摘した。

調査は投資家1168人を対象に1月7─9日に実施された。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up