Reuters logo
ユーロ圏は早急に改革を─仏中銀総裁=オランダ紙
2017年11月20日 / 23:00 / 20日前

ユーロ圏は早急に改革を─仏中銀総裁=オランダ紙

[パリ 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるビルロワドガロー仏中銀総裁は、ユーロ圏はフランスの改革を見守るのではなく、自らの改革を早急に進めるべきとの考えを示した。20日付のオランダ紙テレグラフがインタビュー記事を掲載した。

マクロン仏大統領は国内の改革促進に意欲的で、ユーロ圏の統合深化にも積極的だ。

ただ、オランダやドイツといった一部の北部欧州各国はユーロ圏共通予算やユーロ圏財務相を目指す同大統領の考えを警戒しており、まずは仏国内改革の行方を見極めようとしている。

同紙によると、ビルロワドガロー氏は「全ての結果を見極めようとあと2─3年待つことは危険な賭けだ」と指摘。「そうすれば現在のチャンスと機会が消えてしまい、ユーロ圏を強化することなく、(新たな)景気後退に直面するリスクを冒すことになる」と付け加えた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below