September 7, 2018 / 9:59 AM / 2 months ago

第2四半期のユーロ圏GDP確報値、前期比+0.4%=統計局

[ブリュッセル 7日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が7日発表した第2・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)確報値は前期比0.4%増となった。改定値からは変わらずだった。

前年比では2.1%増。改定値は2.2%増だった。

第2・四半期の総固定資本形成は1.2%上昇。GDP伸び率に0.3%ポイント寄与した。

在庫や家計消費、政府支出もそれぞれ0.1%ポイント寄与した。

ただ、輸出が0.6%上昇する一方、輸入が1.1%上昇し、差し引きでGDP全体を0.2%ポイント押し下げた。

国別で伸び率が高かったのはマルタ、エストニア、スロバキアで、それぞれ、1.9%、1.4%、1.1%上昇した。最も低かったのはフランス、ギリシャ、イタリアで、いずれも0.2%上昇だった。

ドイツは0.5%上昇。アイルランドとルクセンブルグの数値はない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below