Reuters logo
ギリシャ、正しい道筋にある=ショイブレ独財務相
2017年2月19日 / 23:54 / 9ヶ月前

ギリシャ、正しい道筋にある=ショイブレ独財務相

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツのショイブレ財務相は19日、ギリシャが経済改革を実施できなければユーロ圏を離脱するとは発言していないと述べ、またギリシャが正しい道筋にあるとの見解を示した。

 2月19日、ドイツのショイブレ財務相は、ギリシャが経済改革を実施できなければユーロ圏を離脱するとは発言していないと述べ、またギリシャが正しい道筋にあるとの見解を示した。ベルリンで10日撮影(2017年 ロイター/Hannibal Hanschke)

ショイブレ財務相は独公共放送ARDのインタビューで、ギリシャが合意した改革を実施すれば同国は問題に直面しないとし、実施できなければ問題が生じると指摘。「『グレグジット(ギリシャのユーロ圏離脱)』の恐れがあるとは言っていない」と述べた。

財務相は最近、ギリシャは「まだ危機を脱していない」と述べていた。ギリシャへの圧力は続けられる必要があり、そうでなければ同国は「ユーロ圏に残ることはできない」との見解を示していた。

財務相はこれについて、ギリシャが国際通貨基金(IMF)などから受けてきたメッセージと同じだと説明し、改革を行えば問題は起きないと指摘。「ギリシャは正しい道を進んでいる」と述べた。

財務相はまた、IMFが第3次ギリシャ支援に参加するとの見方を示した。ギリシャが改革目標を達成すれば参加するとIMFが2015年に表明したとし、「目標は向こう数週間で達成されると考えている」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below