August 2, 2018 / 12:04 AM / 4 months ago

対ギリシャ債務軽減策は「十分」=欧州委がIMFに反論

[ブリュッセル 1日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会は1日、ユーロ圏諸国が合意した対ギリシャ債務軽減策は「十分な内容だ」と擁護した。国際通貨基金(IMF)は7月31日に公表したリポートで、長期的に同国債務を持続可能にするためには、債務軽減策は不十分かもしれないと指摘していた。

欧州委のアンドリーバ報道官は定例記者会見で、IMFのギリシャに関する予想は「一貫して悲観的」で、IMFは過去に予想を改定する必要があったと指摘。欧州委などはギリシャ債務軽減策について、十分だとの結論に達したと強調した。

ユーロ圏財務相会合は6月、ギリシャが金融支援から脱却する8月20日以降も自力で財政運営できるよう、追加融資とともに、一部融資の償還期間を延長することなどを決めていた。

ただIMFはリポートで、特に2038年以降を見通した長期的な視点では、ギリシャの成長率や基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字に関する欧州側の楽観的な前提が、債務の持続可能性を不透明にしていると指摘していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below