August 21, 2018 / 1:20 AM / a month ago

多数の緊縮財政策、ギリシャ回復の礎に=モスコビシ欧州委員

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のモスコビシ委員(経済・財務・税制担当)は20日、対ギリシャ金融支援の一環として行われた多数の財政緊縮策こそ、同国経済の持続的な回復の礎となったと指摘した。

2010年初に深刻化した債務危機以降、ユーロ圏諸国や国際通貨基金(IMF)はギリシャに対して、経済史上最大規模とされる総額2600億ユーロ以上の金融支援を行った。

モスコビシ委員は声明で、「ギリシャが実行した広範囲に及ぶ改革は、持続的な回復の基礎を築いた。ギリシャ国民が努力と犠牲から利益を受けられるよう、改革が促進、維持される必要がある」と強調した。

また、今年と来年のギリシャの成長率について、昨年の1.4%を上回る2%程度との見通しを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below