April 20, 2018 / 12:20 AM / 3 months ago

EUやIMF、ギリシャ債務削減策を検討へ 支援延長は協議せず

[ワシントン 19日 ロイター] - ユーロ圏各国と国際通貨基金(IMF)は米ワシントンで今週開く会合で、ギリシャの将来的な債務削減などについて協議する。ただ、金融支援の延長は検討しないという。ユーロ圏当局者が19日、明らかにした。

 4月19日、ユーロ圏各国と国際通貨基金(IMF)は米ワシントンで今週開く会合で、ギリシャの将来的な債務削減などについて協議する。IMF春季総会セミナーで発言するユーロ圏財務相会合のセンテーノ議長。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Aaron P. Bernstein)

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のセンテーノ議長は、IMFと世界銀行の春季総会に合わせて行われたセミナーで、「ギリシャ支援の延長などを話し合うことはない。ギリシャ当局は支援プログラム終了に強くフォーカスしており、8月までには終了させることになる」と述べた。

ギリシャを巡っては、8月20日の支援プログラム終了後にユーロ圏の支援基金から特別与信枠を得るとの観測が出ているが、ギリシャはそうした措置を求めていない。

ただ、欧州連合(EU)の欧州委員会のモスコビシ委員(経済・財務・税制担当)は19日、ギリシャの改革の継続と財政規律の維持を確実なものとするため、ユーロ圏の債権国との間で新たな取り決めが必要との考えを示した。

一方、ギリシャが今後数年間改革を継続できるよう、債権国は追加の債務削減も検討中。各国中銀が保有するギリシャ国債の償還時に利益をギリシャ側に戻すことなどが選択肢として考えられているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below