for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギリシャ首相、IMFの対応は建設的でないと批判

[アテネ 7日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は7日、国営放送ERTとのインタビューで、国際通貨基金(IMF)の同国に対する改革要求は度を超えていると批判し、金融支援プログラムでIMFは建設的な役割を果たしていないと指摘した。

「IMFは、妥協する意思があるのかどうか、支援プログラムへの関与を続ける意図があるかどうか態度を決めるべきで、その気がなければその意思を公表すべきだ」チプラス首相は述べた。

IMFの要求は、給付削減を伴う年金改革や、広範囲に渡る労働市場の自由化など、もっとも厳しいものになっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up