June 14, 2019 / 8:23 AM / 12 days ago

ユーロ圏共通予算、一定の進展 規模や財源で合意できず=議長

[ルクセンブルク 14日 ロイター] - ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のセンテノ議長は、13日から14日午前まで開催された同会合について、ユーロ圏共通予算の導入で一定の進展があったが、予算規模や財源を巡ってまだ合意が成立していないと述べた。

「小さな一歩」を踏み出したが、財源で合意できず、共通予算がどのような形になるかは依然として不透明という。

ルクセンブルクで会見し明らかにした。

共通予算を導入する場合、予算規模は今年の欧州連合(EU)首脳会議で決まる見通しという。

同議長は、欧州安定メカニズム(ESM)の改革で「大枠合意」に達したことも明らかにした。将来の金融危機への対応でESMに新たな権限を付与する。法律文書の作成など、今後数カ月かけて最終調整が必要になる。

共通の預金保険制度の設立については合意が成立しなかった。共通の預金保険制度は、ユーロ圏の銀行同盟と将来の金融危機への耐性を強化する上で鍵を握るとされているが、意見の対立が激しい。

欧州連合(EU)のモスコビシ欧州委員(経済・財務・税制担当)は、この問題で進展がなかったのは「非常に残念だ」とコメントした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below