June 13, 2019 / 8:57 PM / in 2 months

ユーロ圏、低成長・低インフレが続く恐れ=IMF専務理事

[ルクセンブルク 13日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は13日、ユーロ圏にとって貿易摩擦の高まりはリスクであり、通商問題などを背景に域内は低成長、低インフレの状態が続く恐れがあるとの見方を示した。

域内の財政については安定化機能を持たせるべきと指摘。財政規律は債務に基づき簡素化すべきとしたほか、欧州委員会は各国に構造改革を促すようなインセンティブを与えるべきとした。

イタリアについては、生産性の向上や財政政策の抑制に向け構造改革に重点的に取り組むよう求めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below