October 28, 2018 / 10:27 PM / 23 days ago

独連銀高官、イタリア政府の債務軽減で国債購入基金の導入提案

[ベルリン 27日 ロイター] - ドイツ連邦銀行の高官は、イタリア政府の債務負担軽減に向け、同国の国民に購入を義務付ける債券「national solidarity bonds」の導入を提案した。

独連銀の財政部門のトップ、Karsten Wendorff氏は、独紙フランクフルター・アルゲマイネへの寄稿で、国債を購入するための国家基金を設立すべきだと指摘。この基金には「solidarity bond」が資金を拠出すると説明した。

家計の資産規模に応じて国民に「solidarity bond」の購入を義務付けるという。例えば、家計の純資産の20%でこの債券を購入すれば、イタリアの公的債務の約半分をこの債券に転換することが可能だと説明した。

同氏は「イタリアは貧しい国ではない。金融市場でもてあそばれる対象になる必要はない」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below