July 30, 2019 / 10:50 AM / a month ago

ユーロ圏7月景況感指数は予想通り低下、製造業やサービスで悪化

[ブリュッセル 30日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会が30日に発表した7月のユーロ圏景況感指数は、事前の予想通りに低下した。製造業やサービス、小売り、建設で景況感が悪化したほか、企業や消費者のインフレ期待も低下した。

7月のユーロ圏景況感指数は102.7で、6月の103.3、5月の105.2から低下した。ロイターがまとめたエコノミスト予想は102.6だった。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は先週、成長見通しの悪化を受けて金融政策の一段の緩和を強く示唆した。

7月は、製造業の景況感指数がマイナス5.6からマイナス7.4に低下したほか、サービスは11.0から10.6、小売りは0.1からマイナス0.7、建設は7.6から5.0へとそれぞれ低下した。

一方、消費者信頼感指数はマイナス7.2からマイナス6.6に改善した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below