Reuters logo
ユーロ圏銀行間で貸し渋り鮮明、健全性めぐる懸念など重し
February 27, 2017 / 2:26 PM / 10 months ago

ユーロ圏銀行間で貸し渋り鮮明、健全性めぐる懸念など重し

[フランクフルト 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデータによると、ユーロ圏銀行が域内他国の銀行に対する融資を過去1年に縮小していることが分かった。一部銀行の健全性に対する不安や加盟国のユーロ離脱懸念が背景にあると見られている。

ユーロ圏銀行間の国境を越えた融資は今年1月に1兆2600億ユーロとなり、前年比6%減少した。2008年には2兆ユーロを突破していた。

一方、国内の銀行向け融資は11%増の4兆6000億ユーロだった。ECBのデータを基にロイターが算出した。

ECBは国境を越える融資の貸付先について詳細を明らかにしていないが、資金が豊富なドイツ、フランス、ルクセンブルクの銀行はいずれも国境を越える融資を縮小している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below