February 27, 2020 / 3:10 PM / 3 months ago

ユーロ圏短期市場、7月のECB利下げを完全に織り込み

[ロンドン 27日 ロイター] - ユーロ圏短期金融市場では、7月の欧州中央銀行(ECB)理事会で利下げが決定される可能性を完全に織り込んでいる。新型コロナウイルスの経済的影響を巡る懸念が引き続き高まっていることが背景。

ユーロ圏無担保翌日物平均金利(EONIA)先物はこの日、7月のECB理事会での10ベーシスポイント(bp)の利下げを完全に織り込んだ。この日序盤の同利下げ確率は約80%だった。

みずほの金利ストラテジスト、ピーター・マッカラム氏は「ECBの政策見直しが進行中である上、財政出動の重要性を引き続き強調していることを考慮すると、短期金融市場でのハト派的な織り込みは行き過ぎ」と指摘。「市場の織り込みはやや早計だが、米国の利下げ後にECBの利下げが実施されると確信している」と述べた。

ユーロ圏短期市場では、6月のECB理事会での利下げもほぼ完全に織り込んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below