March 27, 2019 / 5:10 PM / 3 months ago

ユーロ圏で利上げ期待が急低下、ECBは引き締め急がずとの見方

[ロンドン 27日 ロイター] - ユーロ圏金融市場が織り込む将来の利上げ期待が27日、大幅に低下した。経済成長の鈍化などを背景に欧州中央銀行(ECB)が引き締めを急いでいないとの見方が強まった。

複数の関係筋はロイターに対し、ECBがマイナス金利政策の副作用を軽減するため、民間銀行が超過準備に対して支払っている負担額を引き下げる措置を検討していると語った。

これに先立ちドラギ総裁は、必要なら利上げをさらに遅らせる用意があると述べ、マイナス金利の副作用を和らげる措置を検討する方針を示した。

ある市場関係者は、低金利が当初よりも長引く可能性を踏まえ、ECBは金融機関への圧力軽減措置を検討しているようだと述べた。

欧州銀行間取引金利(EURIBOR)先物FEIZ0が織り込む20年末までの利上げ幅は6ベーシスポイント(bp)。2週間前までは約20bpの利上げが織り込まれていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below