June 3, 2019 / 4:08 PM / 4 months ago

ECBの年内利下げ確率は約50%=欧州短期金融市場

[ロンドン 3日 ロイター] - 3日の欧州短期金融市場では、欧州中央銀行(ECB)が年末までに10ベーシスポイント(bp)の利下げを行う確率が約50%となった。

貿易摩擦が景況感に悪影響を及ぼし、成長鈍化につながる中、世界経済がリセッション(景気後退)に向かっているとの懸念が背景。

2019年12月のECB理事会までのユーロ圏翌日物無担保金利加重平均(EONIA)先物は約5bpの利下げを織り込んでおり、前週の約4bpから上昇した。ECBWATCH

アナリストによると、これはECBが年末までに政策金利を10bp引き下げる確率が約50%織り込まれていることを意味している。

足元では米連邦準備理事会(FRB)による利下げが割合早い可能性があるとの見方も広がっている。ECB理事会は今週6日に開催される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below