March 9, 2019 / 1:58 AM / 14 days ago

アングル:EVの「身分証明」、人工走行音開発で各社が火花

[ジュネーブ 5日 ロイター] - 自動車メーカーは、電気自動車(EV)の接近を歩行者に知らせるための理想的な人工走行音の開発を競っている。こうした中で5日に開幕したジュネーブ国際自動車ショーにEVを出展した独自動車各社の幹部らは、それぞれの開発状況をロイターに明らかにした。

 3月5日、自動車メーカーは、電気自動車(EV)の接近を歩行者に知らせるための理想的な人工走行音の開発を競っている。写真はアウディの新型eトロンスポーツバック。ジュネーブで撮影(2019年 ロイター/Pierre Albouy)

フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)の技術開発責任者フランク・ウェルシュ氏は「走行音はいわばそのEVの身分証明だ。押しつけがましかったり、迷惑になってはならない。未来を予感させる必要があり、これまでに存在する音ではいけない。化石燃料車のエンジン音を単純に加えるべきでもない」と語った。

その上でウェルシュ氏は、VWのEVには歩行者の注意を引くためのスピーカーが搭載されると説明。例えばミシンのような高くさわがしい音ではなく、よりはっきりと分かる比較的低い音が望まれるとの考えを示すとともに、スポーツタイプ多目的車(SUV)は車体の大きさを反映したより重厚な音になるだろうと付け加えた。

VWは2020年に展示予定の次世代EV「ID」の走行音を既に選定したが、バギーなど一部の車種で引き続き音質の調整を行っているという。

ダイムラー(DAIGn.DE)のメルセデスブランドは、初の市販EV「EQC」向けの走行音を開発した。歩行者に警告を与えるが、不快にはさせない音だ。

メルセデスのヨッヒェン・ヘルマンEV開発責任者は「EVの内部は可能な限りの静けさを追求したいが、車外に関しては一定の走行音のレベルを保つルールが存在する」と指摘。1年前にEQCのための音を3つの中から1つを選び出したが、より洗練していかなければならないと述べた。

メルセデスの高性能者部門であるAMGは、異色の開発方法を採用。トビアス・ムアース最高経営責任者(CEO)は、同ブランドで展開するEVの走行音開発で米国のロックバンド「リンキン・パーク」の協力を得ていると話している。

BMW(BMWG.DE)の小型車ブランド「ミニ」も、新たなEVの走行音開発に乗り出している、とミニの戦略・イノベーション担当バイスプレジデント、エスター・バーン氏は表明し、「接近音がその車のアイデンティティを形成するのは間違いない」と言い切った。

一方でポルシェ幹部のミヒャエル・プファデンハウアー氏は社内誌のインタビューで、走行音の開発に伴う苦労はスポーツカーメーカーが一番大きいと打ち明けている。本来存在しないEVの走行音を一から生み出す際に、スポーツカーの性能を運転者に十分に感じてもらう必要が出てくるからだ。

(Edward Taylor記者)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below