for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EVに対する走行距離課税は「一つの考え方」=鈴木財務相

 10月20日、 鈴木俊一財務相(写真)は参院予算委員会で、電気自動車(EV)について、走行距離に応じて課税する仕組みの導入は「一つの考え方だと思っている」と述べた。都内で9月撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 20日 ロイター] - 鈴木俊一財務相は20日の参院予算委員会で、電気自動車(EV)について、走行距離に応じて課税する仕組みの導入は「一つの考え方だと思っている」と述べた。国民民主党・新緑風会の浜口誠委員の質問に答えた。

鈴木財務相は「電気自動車はガソリン車と異なり、燃料課税によって走行段階での課税が行われていない。一方で、ガソリン車よりも重量があり、道路の損壊に与える影響がむしろ大きい」と指摘。厳しい財政事情を考え「いずれかの時点で負担のあり方を考えていく必要がある」とし「与党の税制改正の議論を踏まえ、しっかりと政府としても対応していきたい」述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up