April 20, 2018 / 4:51 PM / a month ago

米インフレ率、平均で2%である必要=シカゴ連銀総裁

[シカゴ 20日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は20日、連邦準備理事会(FRB)はインフレ率を平均で2%とすることを目標としているため、インフレ率が2%をやや上回ったとしても、FRBが大きく反応する必要はないとの考えを示した。

同総裁は「理に適う、ある一定の期間」にわたりインフレ率が2.25%になったとしても、FRBは低下を促す必要があるだけで、急激にブレーキを踏み込む必要はないと述べた。

また、通商がより自由で公平であることは、全般的にすべての関係国に対する恩恵となるとの考えも示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below