October 10, 2018 / 7:19 PM / 10 days ago

FRB、中立金利まで「若干の余地」 米経済は極めて良好=シカゴ連銀総裁

[フリント(米ミシガン州) 10日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は10日、連邦準備理事会(FRB)にとり、金利がいわゆる中立金利に達するまでまだ「若干の余地」が残されているとの見方を示した。

同総裁はミシガン州フリントで開かれた商工会議所の昼食会で、経済成長率は今年は3.2%、来年は2.5%が見込まれ、失業率が一段と低下すると予想されるなかでも、インフレ率の上昇はわずかにとどまるとし、米経済は「極めて良好」な状態にあるとの認識を表明。

中立金利は2.75─3.00%近辺にあると考えているとし、この水準までFRBには「若干の余地」が残されていると述べた。

同総裁は失業率は3.5%まで低下すると予想。その後は4.5%近辺まで戻すとの見方を示した。また、賃金の伸びが加速していないことには今も若干の驚きを覚えているとも述べた。

このほか、大統領が金融政策についてコメントするのは異例であるとしながらも、利上げがなぜ必要なのか疑問を呈することは公平であるとの考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below