for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国恒大の第2位株主、全保有株の売却を計画

 中国の不動産開発大手、中国恒大集団の第2位の株主である華人置業集団は23日、3200万ドル相当の恒大株を売却したことを明らかにし、全保有株式を売却する方針を示した。写真は中国恒大集団のロゴ。上海で22日撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

[香港 23日 ロイター] - 中国の不動産開発大手、中国恒大集団の第2位の株主である華人置業集団は23日、3200万ドル相当の恒大株を売却したことを明らかにし、全保有株式を売却する方針を示した。

香港証券取引所への提出資料で「取締役らは、流動性に関する一部発表を含め中国恒大集団を巡る最近の動向を憂慮し、警戒している」とした。

リフィニティブのデータによると、華人置業は9月10日時点で恒大株の約6.50%を保有していた。

同社は8月30日から9月21日までに恒大の発行済み株式総数の0.82%に当たる1億0891万株を2億4650万香港ドル(3200万ドル)で売却したと発表。

残る5.66%の全部または一部を市場もしくはブロックトレード(大型の相対取引)で売却するよう指示したことを明らかにした。

この指示は、売却を承認する9月23日の株主総会から12カ月間有効という。

保有する恒大株を全て売却した場合、2021年通期に約94億8630万香港ドル(12億2000万ドル)の損失が生じると試算した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up