November 2, 2018 / 6:03 AM / 13 days ago

EXCLUSIVE-日銀、スルガ銀に最大2000―2500億円の資金供給可能に 資金繰り対策で=関係筋

[東京 2日 ロイター] - 日銀は、スルガ銀行の資金繰りに万全を期すため、最大で2000─2500億円の資金供給を行う体制を整える。スルガ銀が差し入れる住宅ローン債権を元にした信託受益権を担保として認める。スルガ銀に端を発する金融システム不安を未然に封じ込める狙いだ。複数の関係筋が2日、明らかにした。

関係者によると、スルガ銀は住宅ローン債権3000億円超を信託銀行に信託譲渡し、受益権を取得した。日銀に対して「適格担保」となるかどうかの判定も依頼、内諾を得ており、近く担保として差し入れる。

これにより、同行は日銀から速やかに資金を借り入れられる体制を整える。日銀が実際に資金供給するかどうかは、資金繰り状態を見て判断する。

住宅ローンの受益権を担保とした場合、調達額の掛け目は約55%となるため、当面受け取れる金額は約1500億円程度だが、今後、担保を増やして最大で2000―2500億円を調達できるようにする。

住宅ローン債権を元にした信託受益権を適格担保とする制度は、日銀が大規模な国債買い入れを続けた結果、金融機関が日銀担保として提供する国債の量が減少していることを踏まえ、2016年に導入された。

スルガ銀が信託受益権を担保にすることで、日銀が金融機関の要請に応じて受動的に貸し付けを実行する「補完貸付制度」や、金融機関の健全性を確保するために個別に条件を設定して行う有担保貸付など、さまざまな資金供給手段を活用する枠が広がることになる。

金融庁や日銀は、スルガ銀の資金繰りを常時モニタリングしているが、現在のところ、資金繰り難に陥るとはみていない。しかし、不測の事態に備えて、スルガ銀が日銀から資金供給を受ける仕組みが必要と判断し、同銀に対して体制を整えるよう求めた。

投資用不動産向けローンの不正融資問題を契機に、スルガ銀の預金は流出している。4―6月期には約2000億円減少した。関係者によると7―9月期も同水準の預金引き出しがあったが、足元では落ち着いている。

日銀の対応について、関係者は「あくまで万が一の危機対応プランだ」と話している。

日銀は「個別行の担保の状況については開示しておらず、コメントできない」(広報課)としている。 (布施太郎、伊藤純夫、和田崇彦 編集:田巻一彦)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below