Reuters logo
中国、北朝鮮への観光旅行制限 米大統領訪中控え=関係筋
2017年11月8日 / 01:29 / 16日後

中国、北朝鮮への観光旅行制限 米大統領訪中控え=関係筋

[北京/ソウル 7日 ロイター] - 北朝鮮との国境にある中国・遼寧省丹東市の旅行会社は7日、北朝鮮の首都・平壌などを訪れる旅行を8日から中止するよう当局から指示を受けた。複数の関係筋が7日、匿名を条件にロイターに明らかにした。

 11月7日、北朝鮮との国境にある中国・遼寧省丹東市の旅行会社は、北朝鮮の首都・平壌などを訪れる旅行を8日から中止するよう当局から指示を受けた。写真は丹東でボートに乗る中国人観光客。8月撮影(2017年 ロイター/Philip Wen)

トランプ米大統領の初めての中国公式訪問を8日に控えていることが背景とみられる。

トランプ大統領と習近平国家主席との首脳会談では北朝鮮の核開発問題が最も重要な議題となる見通し。米国は中国に対し、隣国北朝鮮への圧力を強めるよう求めている。

国際社会がここ1年で北朝鮮への制裁を強化し、主要輸出品である石炭や海産物、繊維製品の輸出が制限される中、観光は北朝鮮に残された数少ない外貨獲得手段の1つとなっている。

中国人観光客の北朝鮮旅行を扱う旅行会社の大半は丹東に拠点を置く。

旅行会社関係筋によると、今回の旅行制限に関する通知は7日に丹東市の観光局から出され、理由は示されなかったという。

7日時点で丹東市観光局には接触できていない。中国外務省はコメントの求めに応じていない。

関係筋によると、旅行制限を受け、8日以降は中朝国境を挟んで丹東の向かい側の新義州市への日帰り旅行だけが認められ、平壌などより離れた都市への旅行は当面禁止される。

丹東の関係筋は「今回の措置は北朝鮮への制裁強化と関係がある可能性が高い。トランプ大統領が中国訪問を終えた後にどうなるか、見守るしかない」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below