November 12, 2015 / 1:14 AM / 2 years ago

臨時国会召集見送りへ、週内にも判断=政府・与党筋

[東京 12日 ロイター] - 政府・与党は、秋の臨時国会を召集しない方針を固めた。複数の政府、与党幹部が明らかにした。10、11日両日に開催した衆参両院での閉会中審査で、環太平洋連携協定(TPP)交渉や高木毅復興相の香典支出問題などをめぐる議論は、出尽くしたと判断した。

臨時国会を開かないのは、2005年以来10年ぶりとなる。与党関係者によると、自民党の佐藤勉国会対策委員長は11日、都内の会合で「(臨時国会を)開く時間が見い出せない」と述べ、召集は困難との認識を示していた。

野党は、両日の閉会中審査では議論が不十分だとして臨時国会の召集を求める姿勢を崩していないが、政府・与党は安倍晋三首相が外遊に出る13日までに召集見送りを最終決定する方向だ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below