November 1, 2019 / 6:06 PM / 13 days ago

米エクソンとシェブロン、第3四半期は大幅減益 原油安重し

 1日、米石油大手エクソンモービルとシェブロン が発表した第3・四半期決算は、生産増にもかかわらず原油安が重しとなり、大幅な減益となった。写真はエクソンが操業する油田。5月20日撮影(2019年 ロイター/Essam Al-Sudani)

[ヒューストン 1日 ロイター] - 米石油大手エクソンモービル(XOM.N)とシェブロン(CVX.N) が1日に発表した第3・四半期決算は、生産増にもかかわらず原油安が重しとなり、大幅な減益となった。

第3・四半期は両社とも国内シェール油田の生産が増加。一方、両社がともに出資しているカザフスタンの「テンギズ」油田プロジェクトの費用が25%増の452億ドルに膨らむ可能性があり、今後業績の重しになる恐れがあると警告した。

第3・四半期は北海ブレント先物LCOc1が8.7%下落。四半期としての下落率は2018年第4・四半期以来の大きさとなった。米原油先物CLc1は7.5%下落した。

エクソンの利益は31億7000万ドル(1株当たり0.75ドル)に約半減。税制に絡み1株利益は0.07ドル押し上げられた。リフィニティブがまとめた1株利益のアナリスト予想は0.67ドルだった。

シェブロンの利益は36%減の25億8000万ドル(1株当たり1.36ドル)。一時項目と為替相場の影響を除く1株利益は1.55ドル。アナリスト予想は1.45ドルだった。

米テキサス州西部とニューメキシコ州にまたがるシェール油田地帯のパーミアン盆地の生産は、シェブロンが35%増の日量45万5000バレル、エクソンが約70%増の日量29万3000バレルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below