for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米エクソン、第4四半期営業利益増加見込む 通年で黒字回復を示唆

米石油大手エクソンモービルは30日、石油・ガス価格上昇を追い風に第4・四半期の営業利益が最大19億ドルに達する見通しとし、2021年は黒字を回復する可能性を示唆した。11月23日、ブルックリンで撮影(2021年 ロイター/Andrew Kelly)

[ヒューストン 30日 ロイター] - 米石油大手エクソンモービルは30日、石油・ガス価格上昇を追い風に第4・四半期の営業利益が最大19億ドルに達する見通しとし、2021年は黒字を回復する可能性を示唆した。

規制当局への提出文書によると、第4・四半期は上流事業の営業利益が増加する一方、下流事業は横ばいもしくは減少する可能性がある。正式発表は来年2月1日。

リフィニティブのまとめたアナリスト予想では、第4・四半期の調整後利益は1株当たり1.76ドル。

20年は通年で224億ドルの赤字と、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によるエネルギー価格急落とシェール資産の評価損で、上場来初の通期赤字となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up