May 3, 2019 / 3:05 PM / in 17 days

ユーロ圏インフレ率、4月は前年比+1.7% 予想上回る

[ブリュッセル/フランクフルト 3日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が3日発表した4月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値は前年比1.7%上昇と、前月の1.4%から伸びが加速し、市場予想の1.6%も上回った。

欧州中央銀行(ECB)が政策決定で重視するコアインフレ率(エネルギー、食品を除く)は1.3%と、前月の1%から加速し、10月以来の高い伸びとなった。サービス価格の大幅上昇が寄与した。

インフレ率はECBの目標である2%弱を6年にわたり下回っている。4月は堅調な伸びとなったものの、イースター(復活祭)の時期によるところが大きいとみられる。ECBはインフレ率が今年、緩やかに低下し、向こう3年は目標に到達しないと見込んでいる。

モルガン・スタンレーは顧客向けノートで「ECBがこのデータを深読みするとは思わない」と分析。「コア指数はイースターの影響を除外すると低いままで、ECBは恐らくイースターに絡んだ変動は考慮に入れないだろう」と述べた。

同時に発表となった3月のユーロ圏生産者物価指数(PPI)は、前月比0.1%低下と、市場の横ばい予想を下回った。前年比は2.9%上昇と、こちらも市場予想の3.0%上昇に届かなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below