April 18, 2018 / 1:32 AM / 7 months ago

F1=19年から燃料搭載量引き上げ、エンジン全開走行可能に

 4月17日、自動車レースF1のストラテジーグループとコミッションは、2019年シーズンからマシンの最大燃料搭載量を105キロから110キロに引き上げることを発表した。15日代表撮影(2018年 ロイター)

[17日 ロイター] - 自動車レースF1のストラテジーグループとコミッションは17日、2019年シーズンからマシンの最大燃料搭載量を105キロから110キロに引き上げると発表した。

この変更により、ドライバーは常にフルパワーでエンジンを使用することができるようになる。現在のレギュレーションでは、省エネ走法が求められたため、ファンやドライバーから不満の声が出ていた。

その他の変更点では、マシンの重量とドライバーの重量が個別計測となる。従来の規約では、体格のいいドライバーが重量制限で不利になっていた。

また、安全性、医療救助の向上のため、ドライバーの心拍数などを確認できるバイオメトリック・グローブの使用も求められる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below