for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=アイフェルGPフリー走行、悪天候で中止に

 自動車レースF1の今季第11戦、アイフェル・グランプリ(GP)は9日、ドイツのニュルブルクリンクでフリー走行を行う予定だったが悪天候により中止となった。写真右はミヒャエル・シューマッハー氏の息子ミック(2020年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ニュルブルクリンク(ドイツ) 9日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第11戦、アイフェル・グランプリ(GP)は9日、ドイツのニュルブルクリンクでフリー走行を行う予定だったが悪天候により中止となった。

午前と午後に計2回のフリー走行が予定されていたが、霧の影響で医療ヘリコプターを飛ばすことができず、マシンの走行も不可能なため中止が発表された。

個人総合優勝6回を誇り、今レースでミヒャエル・シューマッハー氏(ドイツ)と並ぶ歴代最多91勝を目指すルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)は、「(マシン動作を確認するための周回)インスタレーションラップだけでもできればよかった。しかし、全員が同じ土俵に立っている。練習が少ないので厳しい挑戦になるのは間違いないが、楽しみにしている」と述べた。

なお、今回のフリー走行では、シューマッハー氏の息子ミック(21)がアルファロメオから出走する予定となっており、注目を集めていた。ミックは「もちろん、コースで運転したかった。それでも、ここでファンを見たり、エンジニアの人たちと仕事をする機会を得られたのは素晴らしいことだと思う」とし、「この先に何が待っているのかは分からないが、また何周か運転できるチャンスを得られることを願う」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up