for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=バーレーンGP主催者が依頼のワクチン接種、判断分かれる

 自動車レースF1は今月28日決勝レースのバーレーンGPで開幕するが、主催者はレースとテストに先立ってチームに新型コロナウイルスのワクチン接種を依頼している。写真は昨年のレースの様子。2020年11月にバーレーンのサキールで代表撮影(2021年 ロイター)

[10日 ロイター] - 自動車レースF1は今月28日決勝レースのバーレーン・グランプリ(GP)で開幕するが、主催者はレースとテストに先立ってチームに新型コロナウイルスのワクチン接種を依頼している。

イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトは、バーレーン入りするフェラーリチームのメンバー9割は、イタリアの保健当局が異議を唱えなかった後にワクチン接種を受け入れたと報道した。チームからの公式声明はない。

感染経験を持つメルセデスのトト・ウォルフ代表は「ワクチンを接種するか否かは個人の判断によるものであり、チームとしての判断はしない」と先週に述べた。

同GPの主催者は先月、今週末のテストに参加するまでに初回のワクチン接種、28日のレース後に2回目の接種をするように依頼している。

F1のステファノ・ドメニカリCEO(最高経営責任者)は、この話題について「慎重に状況を見て、社会的に弱い立場にいる人々を尊重すべき。もちろん、私たちは奪う側の立場と見なされたくない」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up