April 13, 2018 / 2:48 AM / 11 days ago

F1=ガスリー、アロンソへの侮辱を否定

[上海 12日 ロイター] - 自動車レースF1、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(22、フランス)は12日、先週行われた第2戦のバーレーン・グランプリ(GP)決勝後に無線で発言したコメントについて、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ルノー、スペイン)を侮辱する意図はなかったと弁明した。

 4月12日、自動車レースF1、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(写真)は、先週行われた第2戦のバーレーンGP決勝後に無線で発言したコメントについて、フェルナンド・アロンソを侮辱する意図はなかったと弁明した。上海で撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

ガスリーは8日のバーレーンGPを4位で終えた際に「ようやく我々は戦える」と無線で発言した。これはアロンソが今季開幕戦のオーストラリアGPで5位に入った時と同じコメントで、アロンソが3シーズンにわたってホンダエンジンで好成績を残せなかったことをやゆしたと受け取られ、ガスリーはスペインのファンから批判を受けた。

ガスリーはこの件について「シンプルなことで、ちょっとしたジョーク、それだけだ。フェルナンドのことは非常に尊敬している」と説明。コメントはホンダの奮闘を称える趣旨だったとし、「彼らはマクラーレンとタフな3年を過ごしていたし、第2戦で4位に入ったのは驚くべきことだった。だから彼らへの信頼を示すためだった」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below