for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=メルセデス、開幕戦から大幅アップデートマシン投入へ

 自動車レースF1で個人総合優勝6回を誇るルイス・ハミルトン(写真)は、今年初戦となる7月のオーストリアGPで早くも大幅アップデートを施したマシンに乗ることが予想される。スペインのバルセロナで2月撮影(2020年 ロイター/Albert Gea)

[ロンドン 19日 ロイター] - 自動車レースF1で個人総合優勝6回を誇るルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)は、今年初戦となる7月のオーストリア・グランプリ(GP)で早くも大幅アップデートを施したマシンに乗ることが予想される。

今季マシンのW11は2月にお披露目されたものの、新型コロナウイルスによる開幕延期で実戦投入はお預けのまま。だが、メルセデスのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・アリソン氏は19日、チームのYouTubeチャンネルで「1月、2月、3月にかけて、風洞とデザイン部門でマシンを速くしていった」とコメント。

さらに同氏は「より速くするアイデアはいくつもあった。今の課題は、開発期間の4分の1でそれらをできる限り迅速に図面からマシンに反映させることだ」と語り、「オーストリアの最初のレースで多くを投入できることを期待している。その後も可能な限り早く開発を進めていく」と続けていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up