for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=ハミルトン、エクレストン氏の差別発言を「無知だ」と非難

 自動車レースF1のルイス・ハミルトン(写真)は、元F1最高責任者のバーニー・エクレストン氏が人種差別ともとれる発言をしたことについて「無知だ」と非難した。メルボルンで3月撮影(2020年 ロイター/Edgar Su)

[ロンドン 26日 ロイター] - 自動車レースF1のルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)は、元F1最高責任者のバーニー・エクレストン氏が人種差別ともとれる発言をしたことについて「無知だ」と非難した。

この問題はエクレストン氏が先日、CNNに対して「多くのケースで、黒人は白人よりも差別的だ」と語ったことに端を発するもの。この発言に対してF1は「人種差別と不平等に対して団結が必要とされている現在、バーニー・エクレストンの発言はF1であれ社会であれ認められるものではなく、私たちも全く同意するものではない」との声明を発表。

さらに「エクレストン氏は2017年にF1を離れてから何の役割も果たしておらず、名誉会長の肩書も今年1月に失効している」と、同氏が現在のF1と無関係であることを強調した。

また、かねてよりモータースポーツにおける多様性を訴えてきたハミルトンは、エクレストン氏の発言について「無知で無教養だ」と厳しく非難。先週末にはロンドンでのデモにも参加した同ドライバーは「全員が平等な機会を得られるF1の将来を実現するため、努力をやめるつもりはない」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up