for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=カタルーニャ州政府、来年のスペインGP開催に合意

 スペインのカタルーニャ州政府は、2021年の自動車レースF1のスペインGPをバルセロナのサーキットで行う契約に合意したと発表した。写真は同地での今年のレースの様子。8月に代表撮影(2020年 ロイター)

[30日 ロイター] - スペインのカタルーニャ州政府は、2021年の自動車レースF1のスペイン・グランプリ(GP)をバルセロナのサーキットで行う契約に合意したと発表した。

これまでに発表された来季の暫定的な日程の中で、スペインGPは5月9日に予定されている。カタルーニャ州の政府は声明で「この署名は31年連続このサーキットでF1が行われることを保証する」とした。

来季、スペイン人ドライバーではマクラーレンからフェラーリに移籍するカルロス・サインツと、個人総合で2回の優勝経験を持ちルノーに復帰するフェルナンド・アロンソの2人が参戦する。

F1の来季は3月21日のオーストラリアGPで開幕予定だが、新型コロナウイルスの状況次第で変化する可能性がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up