April 24, 2020 / 1:50 AM / 3 months ago

F1=ルクレール、レースの「逆走」開催に前向き

 自動車レースF1、フェラーリのシャルル・ルクレールは、新型コロナのパンデミックを受け、同一サーキットで複数レースを行うための「逆走」開催案が浮上していることに対し、前向きな姿勢を見せた。サンパウロで2019年11月撮影(2020年 ロイター/Amanda Perobelli)

[ロンドン 23日 ロイター] - 自動車レースF1、フェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、同一サーキットで複数レースを行うための「逆走」開催案が浮上していることに対し、前向きな姿勢を見せた。

F1は新型コロナの影響でまだ今季開幕を迎えられていない。シーズン開始に向けてさまざまなオプションが検討されており、無観客開催や、欧州のサーキットで複数のレースが開催される可能性が高まっている。

そして、そのなかの一つとして、英国グランプリ(GP)の会場であるシルバーストーン・サーキットにおいて通常ルートと逆走ルートで2大会連続レースを行うという奇抜な案も出ている。

オンラインの記者会見に応じたルクレールは、この案について「逆に走るレースを見たことはある。これは面白いアイデアかもしれない。カートでは順走してから逆走というのをやったことがある。シルバーストーンのようなところでやったら非常にワクワクするだろう」と興味を示した。

一方、候補地となっているシルバーストーンのスチュアート・プリングル代表はロイターに対し、「両方向で使用することを想定して作られているサーキットはほとんどなく、シルバーストーンも例外ではない。安全地帯を拡張できるスペースはあるが、現実的に時間がないか、現在の状況ではそれを実行する能力がない」と克服すべき障害が多すぎるとの認識を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below