for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=イタリアGP、ボッタスがスプリント予選で1番手

自動車レースF1の今季第14戦、イタリアGPスプリント予選のスタート順を決める予選を行い、メルセデスのバルテリ・ボッタスが1番手となった。代表撮影(2021年 ロイター)

[10日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第14戦、イタリア・グランプリ(GP)は10日、イタリアのモンツァでスプリント予選のスタート順を決める予選を行い、メルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)が1番手となった。

今レースでは、ピットストップなしの100キロのスプリント予選を11日に実施。この結果により翌日に行われる決勝のスタート順が決まる。この形式は7月の英国GPで初めて行われ、今回で2回目。

ボッタスは上位10人によるQ3で1分19秒555の最速タイムをマークし、スプリント予選では1番手でスタートする。チームメートで個人総合優勝7回を誇るルイス・ハミルトン(英国)が2番手、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)は3番手。

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー(フランス)は6番手、レッドブル・ホンダのセルヒオ・ペレス(メキシコ)は9番手。ガスリーのチームメートである角田裕毅は、トラックリミット違反によりQ1最終ラップのタイムが抹消されてQ2に進めず、17番手となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up