May 21, 2019 / 2:51 AM / a month ago

F1=元個人総合王者ラウダ氏、70歳で死去

 5月21日、自動車レースF1で通算3回の個人総合優勝を果たしたニキ・ラウダ氏が20日に亡くなった。70歳だった。デュッセルドルフで2018年3月撮影(2019年 ロイター/Leonhard Foeger)

[21日 ロイター] - 自動車レースF1で通算3回の個人総合優勝を果たしたニキ・ラウダ氏が20日に亡くなった。70歳だった。かつて同氏が所属したチーム、マクラーレンが21日、明かした。

マクラーレンは「友人、同僚、そして1984年のF1世界王者であるニキ・ラウダ氏が亡くなったと知り、チームの全員が深い悲しみを感じている」とコメント。「ニキは永遠にわれわれの心の中、そしてチームの歴史に残り続ける」と述べた。

ラウダ氏は1976年、F1のレースでクラッシュ。重度のやけどを負った。1997年と2005年に腎移植、昨年8月に肺移植の手術を受けた。また、今年1月にはインフルエンザで約10日間にわたり入院していた。

同氏は1975年と1977年にフェラーリ、1984年にマクラーレンで個人総合優勝を達成した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below