May 23, 2019 / 3:04 AM / 25 days ago

F1=ルクレール、母国開催モナコGPへの思いを語る

 5月22日、自動車レースF1、フェラーリのシャルル・ルクレールは今週末に開催される母国モナコGPへの思いを語った(2019年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[モナコ 22日 ロイター] - 自動車レースF1、フェラーリのシャルル・ルクレールは今週末に母国で開催されるモナコ・グランプリ(GP)への思いを語った。

ルクレールはザウバーでデビューした昨年の同GPはクラッシュでリタイアしたが、「フェラーリのドライバーとして初めての母国GPだ。特別な週末になるのは間違いない」と述べた。

市街地サーキットについてルクレールは「子どものころにサン・デボーテのコーナーを見下ろすバルコニーがある友人の家で過ごしたことを覚えている。よくおもちゃの車で遊んでいたが、本物はその下を通り過ぎていった」と思い出を語った。

また、開幕5連勝中のメルセデスは、元ドライバーのニキ・ラウダ氏が20日に亡くなったことを受け、トト・ウォルフ代表が「6年半以上チームメートとして過ごし、彼は常に正直でチームへの忠誠を持ち合わせていた」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below