October 6, 2018 / 2:09 AM / 2 months ago

F1=ハミルトンが最速、日本GPフリー走行

 10月5日、自動車レースF1の日本GP、フリー走行で1、2回目ともにメルセデスのルイス・ハミルトンが最速タイムを記録した(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[鈴鹿 5日 ロイター] - 自動車レースF1の日本グランプリ(GP)は5日、三重県の鈴鹿サーキットでフリー走行の1回目と2回目を行い、いずれもメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が最速タイムを記録した。

ハミルトンは2回目のフリー走行で、個人総合優勝を争うフェラーリのセバスチャン・フェテル(ドイツ、フェラーリ)を0秒833上回る1分28秒217を記録した。チームメートのバルテリ・ボッタス(フィンランド)に0秒461の差をつけてのトップタイムだった。

ハミルトンは走行中、チームとの無線で「このサーキットは素晴らしい。最高の1日を過ごしている」と、サーキットの仕上がり具合を絶賛した。

2回目の4位はマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル・タグ・ホイヤー)、5位がキミ・ライコネン(フィンランド、フェラーリ)だった。

トロロッソ・ホンダ勢では2回目にブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)が10位、ピエール・ガスリー(フランス)が13位だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below