November 4, 2019 / 1:16 AM / 10 days ago

F1=米国GP、ハミルトンが6回目のチャンピオンに

 自動車レースF1の今季第19戦、米国GPは3日、米テキサス州オースティンで決勝を行い、メルセデスのルイス・ハミルトン(中央)が6回目の個人総合優勝を決めた(2019年 ロイター/Jerome Miron-USA TODAY Sports)

[オースティン(米テキサス州) 3日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第19戦、米国グランプリ(GP)は3日、米テキサス州オースティンで決勝を行い、メルセデスのルイス・ハミルトン(34、英国)が6回目の個人総合優勝を決めた。

ハミルトンはチームメートのバルテリ・ボッタス(フィンランド)に続く2位だったが、通算最多7回優勝のミヒャエル・シューマッハー氏(ドイツ)に続く史上2人目の6回優勝を確定させた。

ハミルトンは報道陣に対し、「今日はとてもタフなレースだった。バルテリはファンタスティックな仕事をしたし、彼をすごく祝福したい。今日はチームにワンツーをもたらしたかっただけだ。1ストップ作戦でいけるとは思わなかったが、できる限りがんばった」と語った。

レッドブル・ホンダ勢では、マックス・フェルスタッペン(オランダ)が3位で表彰台に上った。アレクサンダー・アルボン(タイ)は5位に入った。

トロロッソ・ホンダはダニール・クビアト(ロシア)が12位、ピエール・ガスリー(フランス)が16位だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below