May 16, 2020 / 3:21 AM / 17 days ago

F1=マクラーレンCEO、フェテルの今季限りでの引退を予想

 自動車レースF1、マクラーレンのザック・ブラウンCEOは15日、個人総合優勝4回の実績を誇るセバスチャン・フェテル(写真)が今季限りで引退するとの見方を示した。スペインのバルセロナで12日撮影(2020年 ロイター/Albert Gea)

[ロンドン 15日 ロイター] - 自動車レースF1、マクラーレンのザック・ブラウン最高経営責任者(CEO)は15日、個人総合優勝4回の実績を誇るセバスチャン・フェテル(ドイツ)が今季限りで引退するとの見方を示した。

フェテルが所属するフェラーリは12日に6年在籍した同ドライバーが今季限りでチームを離れると発表。その2日後には後釜としてカルロス・サインツ(スペイン)を抜擢したが、サインツを引き抜かれるマクラーレンが来季からの2年契約を結んだのはフェテルではなく、ダニエル・リカルド(オーストラリア)だった。

ブラウン氏は、フェテルがF1参戦を続けたいなら選択肢は限られるとスカイスポーツでコメント。「(フェテルに)メルセデスやレッドブルでの機会はないだろう。マクラーレンもそうだし、フェラーリに関しては言わずもがなだ。となると、次なる最良の選択肢はルノーになる」と分析した。

そのうえで、同氏は「次の問題はセブ(フェテルの愛称)が2021年はおそらく勝てないだろうチームに行きたいかどうかだ。ルノーは素晴らしいチームでグリッドも上げてくるはずだが、セブが現在より後退した状況で旅を再開させたいとは私は思わない。残念ながらセブはこのスポーツ(F1)から離れることになるだろう」と持論を述べている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below