May 7, 2019 / 9:11 PM / 14 days ago

米FAA、737MAXのソフト修正検証に技術委員会召集

[ワシントン 7日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は7日、墜落事故を受け運航停止となっている米ボーイング(BA.N)の「737MAX」型機のソフトウエア修正を巡り、複数の機関で構成するテクニカル・アドバイザリー・ボード(TAB)を召集したことを明らかにした。

TABはFAAのほか、米空軍、米航空宇宙局(NASA)、ボルペ国立運輸システムズセンターの専門家で構成。ボーイングが提案する操縦特性向上システム(MCAS)の修正を検証する。

FAAは、TABによる助言は「737MAX型機の運航再開を巡るFAAの決定に直接的に関与する」とした。

737MAX型機は昨年10月と今年3月に墜落事故を起こしており、2件の事故で合計346人が死亡。3月中旬から世界的に運航が停止されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below