July 18, 2014 / 2:52 AM / 5 years ago

米FAA、ウクライナ東部上空を米民間機の飛行禁止空域に指定

 7月17日、米FAAは、ウクライナ東部上空を国内航空各社の航空機の飛行禁止空域とする命令を下した。マレーシア航空の旅客機墜落を受けた措置。写真は同機の墜落現場(2014年 ロイター/Maxim Zmeyev)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は17日夜、ウクライナ東部上空を国内航空各社の航空機の飛行禁止空域とする命令を下した。マレーシア航空の旅客機墜落を受けた措置。

FAAが飛行禁止とした空域には、シンフェロポリとドネプロペトロフスクの飛行情報区全域が含まれる。FAAは「最新の出来事や、危険が伴う動きが続く可能性」を理由に挙げた。

FAAは4月、クリミアに加え、黒海とアゾフ海の隣接地域の上空を飛行禁止空域に指定しており、範囲を拡大する。

現時点で、この空域を通過する米民間機の定期便はないという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below