for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェイスブック個人情報利用、米連邦取引委が調査=報道

[ワシントン/ロンドン 20日 ロイター] - フェイスブックFB.Oの個人情報利用を巡って、米連邦取引委員会(FTC)が調査を進めていると、ブルームバーグが20日伝えた。

 3月20日、フェイスブックの個人情報利用を巡って、米連邦取引委が調査を進めていると、ブルームバーグが伝えた。写真は18日撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

この日の取引でフェイスブック株は5.3%下落し、半年ぶり安値をつけた。時価総額250億ドルがさらに消失した。

スナップSNAP.N、ツイッターTWTR.N株も値下がりした。

米議会関係者によると、フェイスブックは21日、上下両院の関係者に事情を説明するという。

ブルームバーグは関係者の話として、データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)に渡った利用者データの扱いを巡り、FTCはフェイスブックが同意事項条件に違反したかを調べていると報じた。

仮に違反があったと認定すれば、FTCには1件当たり1日数千ドルの制裁金を科す権限がある。

フェイスブックのプライバシー担当幹部はロイターの取材に「個人情報の保護に引き続き真剣に取り組む」と語った。

ホワイトハウスは、報道内容の調査を歓迎する意向を表明した。

シャー副報道官はフォックス・ニュース・チャネルで「大統領は、米国人のプライバシーが保護されるべきと信じている。議会や他の機関が調査を望むなら歓迎する」と述べた。

フェイスブックは、英国の学者、アレクサンドル・コーガン氏がデータを収集したと指摘。コーガン氏はアプリを作成し、27万人がダウンロードした。個人データのほか「友達」情報にもアクセスできたという。

コーガン氏がデータをCAに渡して規則に違反したと、フェイスブックは説明する。フェイスブックは、データは破棄されたとの通知を受け取ったとしている。

フェイスブックは「仮にこのデータがまだ存在するなら、重大なポリシー違反で信用や義務を破るもので受け入れられない」と指摘した。

CAは報道内容を全面否定し、データ保護規則違反を把握後、データを削除したと説明。「利用者情報を得ようと、ソーシャルメディアサイトのデータを活用するのはわが社だけでない」「われわれのデータサイエンスチームは2016年の大統領選で、フェイスブックデータを一切利用していない」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up