April 4, 2018 / 12:01 AM / 20 days ago

フェイスブック、EUデータ保護規則の世界適用は未定=CEO

[サンフランシスコ 3日 ロイター] - 米フェイスブック(FB.O)のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は3日、ロイターの電話取材に応じ、欧州連合(EU)で5月に導入される厳格なデータ保護規則を同社の全世界の事業に適用する計画は未定だと語った。

4月3日、米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(写真)は、ロイターの電話取材に応じ、欧州連合で5月に導入される厳格なデータ保護規則を同社の全世界の事業に適用する計画は未定だと語った。米カリフォルニア州サンノゼで2017年4月撮影(2018年 ロイター/Stephen Lam)

フェイスブックは、ユーザー5000万人以上の個人情報が政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)に流れていた問題が3月に発覚して以来、厳しい批判にさらされている。データ分析を行うCAは2016年の米大統領選でトランプ陣営が契約していた。

EUで5月25日から施行される一般データ保護規則(GDPR)は、インターネット誕生以来の大掛かりな個人情報関連規則の見直しとなる。これにより、EU市民には、どの情報が保管されているかを知る権利とその削除を求める権利が与えられる。

ザッカーバーグCEOは、フェイスブックはすでに、フェイスブック上で個人情報をすべて削除する権限をユーザーに付与するなど、GDPRの大半について順守できていると説明。ただ、こうしたプライバシー保護の取り組みを全世界で導入したいが、例外となるケースもあると述べた。例外の詳細には触れなかった。

CEOの発言は、米国のフェイスブックユーザーがEU域内のユーザーが受ける手厚い保護の対象とならない可能性を示唆している。

GDPRのどの部分について全世界に適用しないのかと問われると、CEOは「この件の詳細についてまだ確定していないが、考え方としては全世界に適用すべきだ」と語った。

プライバシー保護を訴える団体はフェイスブックやアルファベット傘下グーグル(GOOGL.O)などのハイテク大手に対し、EUのデータ保護規則を全世界の事業に適用するよう求めているが、ほとんど実現していない。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below